現在地: HOME > 財団の紹介 > 財団設立の趣旨

公益財団法人柔道整復研修試験財団 設立の趣旨

近年、高齢社会の急速な進展に伴って国民の健康に対する関心が高まっており、医療に対する国民の要望も多様化しつつあります。 このような国民の要望に応えるため、国民医療の一翼を担う柔道整復師も、日本古来の伝統に即しながらも、より良質な施術を行うことが求められております。

この社会の要請に応えるため、本財団は厚生労働大臣の指定する指定試験機関・指定登録機関として、柔道整復師の試験・登録の事務を行いますとともに、柔道整復師に対する研修等の事業を通じて柔道整復師の資質の向上に努め、良質で近代的な柔道整復術の普及を図ることにより広く国民の健康の確保と福祉の増進に寄与することを目的としております。

<設立経緯>  ◆昭和63年5月
 (改正の主な内容)
柔道整復師の資質向上を目的として柔道整復師法が改正
①受験資格の変更
②免許権者及び試験の実施者を厚生大臣とすること。
③指定登録機関、指定試験機関制度の導入等
◆昭和63年7月 「財団法人設立準備委員会」発足
(委員構成) ①社団法人日本柔道整復師会  6名
②社団法人全国柔道整復学校協会  6名
◆平成元年8月 「財団法人設立発起人会」設置 有識者会員 7名
  ◆平成元年10月 厚生大臣へ設立許可申請
◆平成24年3月
◆平成24年4月
公益財団法人認定
公益財団法人移行登記
<現況> 【設立年月日】 平成元年11月28日
  【所在地】 〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目11番4号
日土地西新橋ビル6階
TEL:03-6205-4731     FAX:03-6205-4732
E-Mai: zaijusei@if-n.ne.jp
  【基本財産】 7億2千万円
  【役員等数】 理事  9名  監事  2名  評議員  8名    事務局  8名
  【代表者名】 代表理事  福島  統

 「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について(公表)pdfファイルを別ウィンドウで開く